FXの鉄人

| PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑



≫ EDIT

スワップ最強で、スプレッドも狭く、不利なスリッページが無い会社

最近フォーランドフォレックスの人気が
非常に高くなっているようです。

フォーランドフォレックス
スワップ金利がダントツに高くて、
スワップ派には人気のFX会社でした。

しかし、最近はスプレッドも
かなり縮小されてきており、
米ドル/円のスプレッドが特に狭くなってきました。

基本的には米ドル/円が0.6銭というスプレッドで、
ユーロ/ドルは0.9pipsとなっています。

この米ドル/円のスプレッドは
9月末までと言う事ですが、
継続される可能性もありそうですね。

またフォーランドフォレックス
特徴としては、
不利なスリッページが発生しないように
設定する事が可能と言う事です。

許容スリップ値を「0(ゼロ)」に設定して
「クォート注文」を発注すれば、
不利なスリップ約定が一切発生せず、
逆に有利なスリップ約定は発生する安心設計
(不利なレート変動時は取引レートが再提示されます)。


という信じられないような
トレーダー有利なトレード環境です。

スリッページとは何かと言うと、
発注してから約定するまでの差ですが、
FX会社によっては有利なスリッページは
約定しないで、不利なスリッページだけ発生する会社もあります。

デイトレーダーのように
一日に何度も取引をする人にとっては、
このスリッページというのが非常に重要です。

新規注文と決済注文両方に関わってくるコストだからです。

このスリッページに対する
FX会社の取り組み方にも注目しておきたいところですね。

またフォーランドフォレックス
10万円以上入金をすると、
DRV分析チャートという、
DreamVisor.comの開発した最高レベルのチャートが使えます。

全35種類の分析ツールと、
最大5通貨ペアまで表示できる
比較チャートが便利です。

また、戦略記憶ボードという
独特の注文システムが非常に使いやすく
一度使い始めたら中々他のFX会社では
取引出来なくなるかもしれません。

詳しくはコチラ⇒フォーランドフォレックス



応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト

| フォーランドフォレックス | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。