FXの鉄人

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑



≫ EDIT

ユーロ/円の価格帯を考える

最近ユーロ/円の分析をしているのですが、

気付いた点があります。


ユーロ/円が15円単位でレンジ幅があるという事です。


今使っているチャートで良いので、

ユーロ/円の日足チャートを見てください。


なるべく長い期間表示できる方が良いです。


そして、横線を引っ張って欲しいのですが、

110円、125円、140円、155円、170円

の価格帯で線を引っ張ってほしいんです。


これを見てみると驚くと思いますが、

15円幅で反転しやすく

なっている事がわかります。


もちろん、強いトレンドが発生している時には、

価格帯を一気にブレイクして、

さらに次の価格帯まで行く事もあります。


大体下落相場の場合は、下落のスピードが速いので、

一気に価格が動く事も多いです。


そこで、考えて欲しいのですが、

ユーロ/円は、112円~113円で推移しています。


ということは、

110円~125円の価格帯では、

下の方に位置しているという事がわかります。


ですから、もしトレンドがこれから上方向に向いた場合、

125円まで行く可能性は十分にあるという事です。


もし110円を本格的に割れて来た場合、

15円幅で動く事を考えると、

ターゲットは95円になってくると思います。



応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト

| ユーロ | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。