FXの鉄人

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | NEXT



≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑



≫ EDIT

あらゆる感情を決断から排除する

・さまざまな現実を理解し受け入れる
・長期的視野でプレイする
・金を儲けることよりも正しい決断を下すことを優先させる
・金への執着を捨てる
・自尊心を持ち込まない
・あらゆる感情を決断から排除する
・分析と改善のサイクルを継続的に繰り返す

賭けの考え方シリーズですが、
次はあらゆる感情を決断から排除するです。

これはFXトレードにおいては、
基本的な事柄であり、もっとも難しいと言えると思います。

個人的にもギャンブルで良く陥りがちな
パターンとしては、
熱くなってしまいオーバーポジション気味になり、
一発逆転を狙ってしまうという事ですね。

適切な資金を賭ける訳ではなくて、
熱くなって一撃で今までの負け分を取り返すような
賭け方をしてしまうという事です。

本来であれば、相場の状況に応じて
適切な資金量を掛ければいいはずなのに、
個人的な感情によって資金量を決めてしまうという事です。

感情、衝動、恐怖心、欲望、怠惰などと言った事は
非常に賭けやトレードにおいて不必要なものです。

重要な事は、規律、ルール、理性、データ、
大局観だろうと思います。

ちょっと今Wikipediaで大局観を調べてみました。

以下引用です。

囲碁や将棋、チェスなどに置いて、
部分的なせめぎ合いにとらわれずに、
全体の形の良し悪しを見極め、
自分が今どの程度有利不利にあるのか、
堅く安全策をとるか、
勝負に出るかなどの判断を行う能力のこと。

大局観に優れると、
駒がぶつかっていない場所から意表を突く攻めを行うなど、
長期的かつ全体的な視野のもと手を進めることが可能となる。

反対に大局観が備わっていなければ、
盤上の一部での駒のぶつかり合いや、
短期的な駒の損得しか考えられなくなる。

多分に直感的なもので、
コンピュータでは再現が難しいとされる。

以上引用終わりになります。

全くもってトレードにも取り入れるべき
考え方と言えるでしょうね。

と言う事で、短期的な感情に支配されずに
理性的に大局観をもってトレードしたいものです。



応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

スポンサーサイト

| FX | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。